コーポレート

DeNA 將來のIT人材の育成に向けて 熊本県多良木町と「IT人材育成事業に関する協定」を締結 8月5日に多良木町で協定調印式を実施

2021年8月05日

 株式會社ディー?エヌ?エー(本社:東京都渋谷區、代表取締役社長兼CEO:岡村信悟、以下DeNA)は、熊本県多良木町とIT人材育成事業における相互連攜?協力に関する協議を進めるにあたっての基本事項を定めることを目的として、「IT人材育成事業に関する協定」を8月5日に締結します。
 インターネットやIoTサービスが目まぐるしく発展している現代社會において、IT人材育成の必要性は年々高まっており、ITやインターネット関連産業は今後も拡大していくことが期待されています。これからの社會において、IT人材はITやインターネット関連企業のみならず、全ての企業や社會においても求められる人材であると言えます。DeNAでは、このような社會背景から將來を擔う子どもたちには、ITの力を味方につけながら思考し、行動し、自ら將來を拓く力を持って欲しいという思いから、2014年からプログラミング教育を推進しています。一方、多良木町でも將來を擔う人材育成と言う観點においてIT教育が非常に重要であると考えながらも、町內にはIT関連企業が存在せず、ロールモデルとの出會いや職業観の醸成が困難な狀況でありました。
 両者はこのような背景から、今年2月に2日間にわたり、DeNAが開発している「プログラミングゼミ」を用いてゲーム制作をしながらのプログラミング教育、10年後の未來を想像し自分たちで未來を創ることを考える時間や、Scratchやmicro:bitなどの教材を用いたAIやIoT、ブロックチェーンなど最先端の技術分野に觸れる體験を「プログラミングワークショップ」として開催しました。多良木町の小?中學生21人が參加し、自らが考えたり想像することがプログラミングなどの技術を用いてつくれるということを実體験として學び、児童たちはITに対する興味や楽しさを得ることができました。
 今回の協定は、今後も継続的にITの人材育成に対し更に協力し合いながら進めたいという両者の思いが重なり締結となりました。8月5日に多良木町內の教員を対象にした研修を開始し、9月以降には小學校での授業支援や、中學校でのキャリア講演などの実施を予定しています。

熊本県多良木町 吉瀬浩一郎町長のコメント
 新型コロナウイルス感染癥拡大以來、仕事の概念が大きく変わりました。都市部の情報技術関連の企業では、今回のコロナ禍のなかで、はたして「仕事は會社に出勤して行うものなのか」という當然と思われていた仕事の形態に疑問符が付きました。社內に何時間いたのか、ということではなく仕事の質が求められるようになりました。個人の資質において「半日で終わる仕事」が「一日かかる」というような仕事の密度を客観的に判斷する基準が企業內部で制度化されていくのかもしれません。感染癥時代における産業革命が進行しつつあります。「先端的な企業であればあるほど」「競爭力を求められる企業であればあるほど」そうなるでしょう。情報技術関連の企業では、出勤しなくても仕事ができるという、ある意味、會社組織の概念と定義自體が変わりました「企業が社員に仕事場を提供する必要があるのか」といったことが論議されています。感染癥対応により、遠隔操作での仕事の形態ができつつあります。これからはフットワークの軽い企業が固定費の安い地方へ拡散していくというような事態が進んでいくものと思われます。今回のコロナ禍が情報技術関連の企業活動を劇的に変えていくきっかけになったことは間違いありません。コロナ禍の拡大は、私たちの働き方や時間の使い方、日常生活など広い領域に影響を及ぼしています。そのような時代の大きな転換期にあって最先端企業であります株式會社ディー?エヌ?エー様のプログラミング教育を導入させていただき、子どもたちの情報技術への大いなる関心の醸成につないでいけることは町をあげて心から歓迎し喜んでいるところです。地方の子どもたちにとってなかなか接することのできない先端的なIT教育の現場の躍動に大いに期待を寄せるものです。

DeNA 執行役員 取締役會室 室長 兼 経営企畫本部 法務?コーポレート統括部 統括部長 阿部すさコメント
 このたび、多良木町の皆様とともに、人材育成事業の発展に協力できることを心から嬉しく思います。DeNAは2014年から、社會貢獻活動の一環としてプログラミング教育に取り組んでまいりました。私たちの目指すところは、子供たちがプログラミングを學ぶことにより、より豊かな創造力を働かせるようになり、様々な將來の可能性を広げていく手助けをすることです。先端技術に觸れる體験や、DeNA社員との交流機會の創出など、IT企業ならではの支援を通して、多良木町の子どもたちの未來に貢獻できるよう、取り組んで參ります。

 DeNAは、これからの社會をつくっていく子どもたちにITの力と可能性に觸れてもらうことで、一人ひとりの職業観の醸成に寄與し、自分らしく明るい未來の選択ができる一助になりたいと思っています。また、このような社會活動を通じて、持続可能な社會へも企業として貢獻していきたいと考えています。

▲今年2月にオンラインで行われた「プログラミングワークショップ」
▲熊本県多良木町
▲DeNAの「プログラミングゼミ」

??DeNAのプログラミング教育について
 DeNAは、CSR活動の一環である「次世代のIT支援」として、2014年からプログラミング教育を推進しています。小學校向けプログラミング學習アプリ「プログラミングゼミ」(https://programmingzemi.com/)は、その一つとして2017年10月にiOS、Android、Windows向けに無料公開を開始。神奈川県橫浜市、東京都渋谷區、佐賀県武雄市を中心とした公立小學校での授業やイベントなどを通じて、これまでに累計9,000人以上の児童にプログラミングゼミを活用した授業や體験イベントを提供しています。2019年6月からは、渋谷區立小?中學校でのプログラミング教育の充実を図り、次世代に必要な資質?能力を持った人材を渋谷から輩出する土臺作りを進めることを目的とした「Kids VALLEY 未來の學びプロジェクト」に參畫しています。また、2019年9月に文部科學省、総務省及び経済産業省が小學校プログラミング教育の実施に向け準備を推進するために設定した「未來の學び プログラミング教育推進月間(通稱:みらプロ)」にも協力企業として參加しました。DeNAは「プログラミングゼミ」の取り組みを通じて、これからの未來を擔う多くの子どもたちにプログラミングの楽しさを知ってもらうとともに、2020年度の小學校プログラミング教育必修化に伴い、多くの小學校がプログラミング教育に取り組めるように環境づくりに取り組んでいます。

成在人线AV无码免费高潮水